Loading...

2011年3月30日水曜日

立川市の現在

 関東東北大震災から二週間以上経過している。
直接の被害とは無縁だったここ立川市は、計画停電
の影響以外は一応の平静を取り戻しているようだ。
このブログやツイッターを始める以前から、ひとつ
気になっている事があったので、この辺りで触れて
置く事にしよう。
 ご存知のとおり「とある魔術の禁書目録」は既存の
キリスト教を中心とした「実際の宗教」を設定の基と
して採用している。「とある魔術の禁書目録の全テ」
では苦情等について「そういうのはないですね」として
いるが、この一連の作品が、特定の地域の振興策の
主題として取り上げられたとなると少々話が違ってこ
ないだろうか?。
 地域のキリスト教関係の方はどう思う?、その他の
宗教関係関連の人々はこの地域振興策をどう受け止め
ているのだろう?。そして立川市で宗教といえば絶対
無視出来ないのが「真如苑」ではないだろうか?。


 真如苑が一般向けに発刊した「真乗」によると、昭和
十一年より開祖夫婦が運慶作と伝えられる不動明王像
を迎え、信仰の道に入って以来、世界的規模での活動
をするに至る今日まで、一貫して立川市を拠点として
いる。立川市の商店街では真如苑の行事があると、街灯
にその垂れ幕などかかるのを目にする事がある。


おそらく、立川市は真如苑にとってバチカンやメッカのよう
な「聖地」といえるのではないだろうか?。いわば自分達
の総本山のお膝元が特定のアニメ作品の「聖地」と呼ばれ、
作品の多くのファンを引き付けている事を「真如苑」はどう受け
止めているのだろうか?



奇妙な事に「禁書」の物語の始まる7月19日は真如苑
の開祖伊藤真乗教主の祥月命日でもある。意図的なものか
は不明だが…。



既にツイッターでRTしているのでお気づきの方もいると
思うが東北・関東大震災の直後、真如苑は「緊急情報発信」
としてツイッター・アカウント@shinnyoen_infoを立ち上げ、
自らの活動をアナウンスしている。関心のある向きはどうぞ。




真如苑についてはこちら


とある魔術の禁書目録 index はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿